【座位】体位解説

座位タイトル

[対面座位・背面座位・やぐらがけ]

密着して愛情を確かめ合える体位として女性から人気。
ピストン運動が困難な体位なので、
挿入よりもお互いキスや上半身への愛撫が醍醐味となる。
ソファやイスに座りながらはもちろん、
入浴中のセックスで使用されることが多い。
鏡に自分たちの姿を映しながらプレイするカップルもいる。

 

【挿入方法】
男性があぐらをかくか両脚を伸ばして座り、その上に女性がまたがるものと、
後ろから女性を抱きしめながらの 2つのバリエーションがある。
女性がペニスを持つと挿入しやすい。

【動き&体勢】
騎乗位の男性が上体を起こした姿勢になるので、動くのは主に女性。
男性は腰を下から突き上げるように動かす。
女性は完全に座り込んでしまわないよう注意。

 

【女性のメリット】
●男性が感じる様子が見られる
●比較的動きやすくGスポットへの誘導がしやすい
●座った状態なので疲れにくい

【女性のデメリット】
●相手とのリズムが崩れるとすぐに抜けてしまう
●相手に自分の体重が伝わる
●股関節が痛くなりやすい

【男性のメリット】
●包容力を示せる
●ペニスと膣口の結合部が見えるので興奮する
●女性が自らキスを求めてきたり腰を動かしてくれるので、体力的にラク

【男性のデメリット】
●激しいピストン運動ができない
●自分のペースが作りにくい
●余裕があるのでよそごとを考えやすい

Dr.セク虎のアドバイス

女性は男性の上に完全に腰を下ろしたらアウト。
腰を軽く浮かせてキープできるくらいの脚力を付けないとダメ!!
男性はそんな女性の不安定さを補うため、
土台となるにふさわしいしっかりとした体幹づくりと、軸となる勃起力が必須!!
相手の努力がわかる体位です!

正常位タイトル  後背位タイトル

うつ伏せ位タイトル  側位タイトル

立位タイトル  座位タイトル

騎乗位タイトル

Dr.セク虎のラブクリニック メルマガ

『Dr.セク虎のラブクリニック』 メルマガの購読はこちら!

ページ上部へ戻る