【側位】体位解説

側位タイトル

[前側位・対面側位・後側位・ 背面側位]

 

比較的負荷の少ない体位。
男女共にお互い両手が自由になるのでじっくりと相手を感じながらセックスができる。
挿入が浅くなるためフィニッシュには不向きで、
体位変換のつなぎや体力的に疲れたときに有効的。
話をしながら、じゃれ合いながらなど、
セックスを通じてお互いを感じたい人にオススメ。

【挿入方法】
男女が向かい合ったり、
男性が女性の後ろ側に横たわって後ろから抱きしめたりするのが定番。
挿入時は女性が大きく脚を開いてあげるとスムーズ。

【動き&体勢】
女性は膣口の向きにさえ注意していれば問題ない。
脚を下ろすと男性が動きにくくなるので注意。

 

【女性のメリット】
●お腹が邪魔にならないので妊娠中の女性にもオススメ
●お互いの体重を気にしなくていいからとにかくラク
●後ろから触られるため、興奮度が上がる

【女性のデメリット】
●膣が緩む体位のため、長時間は不向き
●脚を上げることを強いられると腰と脚が痛くなる
●自分で腰を動かしづらい

【男性のメリット】
●疲れていてもできる
●体位変換のつなぎがスムーズになる
●背中や乳首など全身を撫で回すことができる
●女性の感じている顔をじっくり観察できる

【男性のデメリット】
●激しく動けないので物足りなさを感じる
●女性が脚を下ろすと動きにくい

Dr.セク虎のアドバイス

ラクな体位だからこそ、お互いへの配慮を忘れないように!
女性にはあまり筋力は必要ないが、男性が動きやすいように姿勢に気を付けること。
男性は横向きピストンばかりに集中せず、手や舌を上手に使った愛撫を心がけること。
たまには横向きでクールダウンも必要です!

正常位タイトル  後背位タイトル

うつ伏せ位タイトル  側位タイトル

立位タイトル  座位タイトル

騎乗位タイトル

Dr.セク虎のラブクリニック メルマガ

『Dr.セク虎のラブクリニック』 メルマガの購読はこちら!

ページ上部へ戻る