女性向け 男性向け

分かるようで分からない「フェロモン」の正体とは?

フェロモンを出す女性

テレビに映るタレントさんを見て
「あの人、フェロモンムンムンだよね」なんていう会話をときどき聞きますが、
この会話は実は間違っています。

なぜなら、フェロモンは見た目ではないから。

ではフェロモンはどこから出て、どこで感じるんでしょうか。

 

フェロモンってなに?

フェロモンは化学物質。嗅覚で感知されるものであり、視覚的に感知するものではありません。

「動物個体から放出され、同種他個体に特異的な反応を引き起こす化学物質」と定義されています。

フェロモンは、汗腺のひとつであるアポクリン腺から放出され、
脇の下から出ますが、女性は乳首からも出るといわれています。

ほ乳類やは虫類は嗅覚の器官が2種類あり、
ひとつは嗅覚器といわれる匂い物質を感知する器官、
もうひとつは鋤鼻器(じょびき)といわれるフェロモン物質を感知する器官があります。

人間にも嗅覚器はもちろん、
フェロモンを感知する鋤鼻器も退化はしているが
備わっているとされています。

フェロモン自体には臭いはありませんが、
嗅覚のひとつ鋤鼻器でキャッチし、脳へ伝わります。

 

 

女性がフェロモンを放つ時期

女性は排卵期にフェロモンが多く放出されます。

これは女性ホルモンの1つであり、
女性らしい丸みをおびたしなやかな体を形成するといわれる
エストロゲンの分泌量が増えるため。

卵巣でつくられるエストロゲンの影響でフェロモンが多く放出され、
それを異性が感知すると興奮するのです。

排卵日にフェロモンが増えるというのは、
異性を引き寄せ、性交をして子どもを作るという
女性の本能そのもの。

そう考えると納得ですね。

 

また、フェロモンには「ドミトリー効果」と呼ばれるものがあります。
マウスを使った実験で、
メスだけで生活させると1匹から出たフェロモンに同調して、
それぞれ違うはずの月経周期が近づいてくるというもの。

なんと人間にもこの効果は証明されており、
実際に月経周期が似通ってくるという結果が出たそう。

さらに別の実験では、
まだ目の見えない赤ちゃんに
母親が使った乳パッドと母親以外が使った乳パッドを近づけると
ほとんどの赤ちゃんが母親のものに顔を向けたという。

これも普段飲んでいる母乳の中のフェロモンを
感知しているのではないかとされています。

目には見えませんが、
フェロモンによる影響はさまざまな形で実証されているんですね。

では、フェロモンを出すためにはどうしたらよいのでしょうか。

 

 

フェロモンを出す方法

規則正しい生活をする

バランスのとれた食事、睡眠や適度な運動など、
健康体になるために当たり前のことをしっかりすること。

それがホルモンバランスを整えることになります。

前述の通り女性ホルモンがフェロモンを発するための重要な要素となるので、
ストレスを溜めたり、栄養のバランスがとれていないなど
生活習慣が崩れているとフェロモンの分泌に悪影響となります。

また、食事では大豆(イソフラボン)は
エストロゲンに似た化学構造をもっているのでオススメです。

 

体を洗い過ぎや、香水などはNG

フェロモンは汗腺から多く分泌されるため、
体をしっかり洗い過ぎると流れてしまいます。

最近の女性は匂いを消すことに対して意識が強すぎます。

デオドラント系のスプレーや拭き取りシート、
香水の香りなどは異性がフェロモンを感知するのを邪魔にしてしまいます。

汗臭いのが良いわけではありませんが、
適度に汗をかいている女性の方が男性には魅力的に感じられるはずです。

 

セックスをする、セックスに対する意識を持つ

セックスで女性はキレイになるという見解もあります。

気持ちいいセックスができることで
「幸せホルモン」と呼ばれるオキシトシンが分泌され、
多幸感やストレスの緩和になり、
その結果女性ホルモンの活性化を促します。

また運動にもなるので血行が良くなる、
快眠にもつながるなど
あらゆる面で美容・健康に良い影響を与えます。

 

フェロモンを多く分泌するためには健康体であることが大前提。

まずは規則正しい生活を送り、
良いパートナーと幸せなセックスライフを送ることが
フェロモンを出しつづける「いいオンナ」への近道かもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


関連記事

セックスに関する統計白書

  1. 女性もセックスに積極的になってほしい
    女性も男性も、お互い異性の思考はなかなか読みづらいもの。 男性はセックスに対して、パートナーに…
  2. 「エッチをすると女性はキレイになる」って聞いたことありますよね。 ananのセックス特集アンケート…
  3. 匿名アンケートで聞いた女子のひとりエッチ事情公開の後編です。 頻度や回数などの前編は(\こちら…
  4. 雑誌の特集なんかでも良く見かけるようになった、女子のひとりエッチ。 みんなの関心が高いからか、…

Hのオモシロ雑学

  1. 男性が女性にムラっとする瞬間

    2016-12-26

    こんなにある?男性がムラッとするシチュエーション

    男性って女性のどんなところにムラムラしたりするのか、 ちょっと興味ありませんか? 今回は、い…
  2. セカンドバージンの女性

    2016-12-21

    気がつけばずっとエッチしてない!そんな女性のセカンドバージン脱出法

    「思い返すとずいぶん長い間エッチしてない…」というあなた。 もしかしてセカンドバージンではありませ…
  3. 男女の体の違い

    2016-12-20

    知れば知るほど不思議!男女の体の違い

    それぞれが別の役割を持っているから体も違う 遥か昔から男性は外敵との戦いや狩りをするため筋力や骨格…

マグワイラボについて

  1. Dr.セク虎を中心に、セク虎レディー(専属ナース)、 セク虎ブルー(専属リハビリトレーナー)、 …
  2. セックス研究チーム「マグワイ・ラボ」代表で、セクトレの第一人者。 セックスカウンセラー・セラピスト…
ページ上部へ戻る