女性向け 男性向け

女性をセックスに持ち込める確率を高める5つのテクニック

女性をセックスに持ち込む

『あのコはなかなかガードが硬くてセックスしてくれない…』
そうお悩みの男性必見!

女性をセックスに誘い込むためにはちょっとしたコツがあります。
女性心理を突いた5つのマル秘テクニックをご紹介します。


1.日が暮れる時間帯は女性がセックスを受け入れやすい

女性をセックスに誘いやすい時間帯は、日が暮れる夕方です。
人間は日が暮れるにつれて体温、脈拍、呼吸がだんだん収まっていく習性があります。
それは心身ともに安らいでいく時間。
女性も性交を受け入れ、受胎の準備ができているタイミングと言えます。
夕方16~19時頃、暗くなってきたときが女性を誘うチャンスということです。


2.女性は旅行先で大胆になる

男性よりも女性の方が旅行好きが多いと思いませんか?
女性は見知らぬ土地へ行き、美味しいものを食べたりその場所の景色を楽しんだり、
思い出を作ることをとても楽しみますよね。

その裏側に隠された女性心理は『現実からの解放』願望。
もちろん男性にもありますが、女性は旅行に対してその願望が特に強いようです。

女性は日常生活の中で「女はあれをしてはいけない」、「これは女性として恥ずかしい」など、制限が何かと多いもの。
そのストレスが旅先で一気に解き放たれるので、旅先での女性はテンションが高く開放的。
もちろん性に対しても同じで、普段より大胆になりやすいんです。


3.実は強引に誘われたい?

女性をセックスに誘って断られても、めげずに何度も誘えますか?
男性からすると何度か誘って断られると精神的に結構辛いもの。
でも、女性は意外と“あと一押し”を待っていることがよくあるんです。
その理由は、『これだけ誘われたら仕方ないから応じてあげた』という言い訳ができるから。
女性が初めての相手に体を許すのには、“理由”や“自分への言い訳”が欲しいんです。
それが整えば、女性は断る必要がなくなってきます。

 

もうひとつのポイントは“オスとしての魅力”を感じたとき。
強引に誘ってくる男には、動物のオスのとしての強さやたくましさがあります。

何度断ってもめげない精神力や力強さを示されると
「この人ならパートナーとして頼ってもいいかも」という気持ちが段々強くなり、
メスとしての本能が受け入れ始めます。

野性的な魅力に負けて一線を越えると最初は断っていた分、
振り幅が大きくなるので興奮が高まり、
淫らになってしまう傾向があります。

男性は一度や二度断られたくらいで諦めずにがんばれば、
その分大きな成果が待っているかも?


4.男性から家庭環境や生い立ちなどの話はしない方がベター

ずっと付き合うつもりはないが一夜だけ楽しみたい、
いわゆるワンナイト・ラブを求める女性もなかにはいます。
あんまりオススメはしませんが、
そういう欲望を持っている女性ともセックスをしたいという男性に、これはやめておくべきという注意点があります。

それは身の上話。

自分の家庭や生い立ちなどの話は極力しない方が良いです。
なぜなら、ワンナイト・ラブを望む女性は一夜限りの楽しみ、
つまり身近ではない男性と現実とは違う状況でのセックスをしてみたいと思っています。

非現実を求めているのに、相手から現実感たっぷりの話を聞かされてしまうと、
目的から離れてしまい、この人とは楽しめないと思われてしまいます。
ペラペラと自分の話を何でもしてしまうのは気をつけましょう。


5.『オレたち』という言葉が女性との距離を縮める

もし特定の気になる女性がいて、その人とまだそれほど親密ではない場合でも、
会話のなかで『オレたち』というワードをうまく盛り込んでみましょう

相手は段々あなたに親近感を覚えてくるはずなんです。
なぜなら女性は孤独を嫌う生き物。
男性は「一人が好き」、「今は人と群れたくない」など思うこともありますが、
女性にはそういった感情はあまりなく、基本的に集団行動を好む性質があります。

会話のなかで『オレたち』というワードを使うことで、
「この人と私は一緒なんだ」、「この人とはつながりを持っている間柄なんだ」という錯覚を覚えます。

むやみに使いすぎるのも逆効果なので注意が必要ですが、
女性との距離を縮めるのが苦手という男性にはオススメの方法です!


女性をセックスに誘うのに効果的なテクニック、
ぜひ実践してみてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

SEXのオモシロ雑学

  1. セックスの消費カロリー

    2016-11-29

    セックスに関する消費カロリーを計算してみた

    「1回のセックスってどのくらいカロリーを使うんだろう…」 考えたことないかもしれないけど、そう言わ…
  2. 2015-12-1

    まだまだあった、痛いペニスの話

    世界各国津々浦々、 日々刻々と起こるあり得ない事件をまとめる【セックス事件簿】。 経験談、噂話、…
  3. 女性はエッチにそんなこと求めてません

    2016-11-2

    女が求めているエッチはそうじゃない!男の5つの勘違いプレイ

    男はセックスで女性を「どうやって気持ちよくしてやろうか」と常に考えている生き物。 ああしたらいいん…
  4. セックスのための筋トレ

    2016-11-17

    セックスに筋トレは必要?筋力不足の男性が急増中!

    セックスをしていて、 体力不足や筋力不足を実感することはありませんか? …
  5. クリスマスは女の子と過ごしたい

    2016-12-14

    もうすぐクリスマス!シングル女性はこの時期落ちやすい?

    男性の皆さん、 クリスマスは誰とどのように過ごしますか? えっ、特に予定がない? そのままひと…

マグワイラボについて

  1. Dr.セク虎を中心に、セク虎レディー(専属ナース)、 セク虎ブルー(専属リハビリトレーナー)、 …
  2. セックス研究チーム「マグワイ・ラボ」代表で、セクトレの第一人者。 セックスカウンセラー・セラピスト…
ページ上部へ戻る